• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

飯田武郷の解説 - 小学館 大辞泉

[1828~1900]幕末・明治の国学者。信濃国高島藩士。平田篤胤 (ひらたあつたね) 没後その門に入り、尊王運動にも参加。著「日本書紀通釈」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉