• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

me1 

ランダムハウス英和大辞典


音節
me1
発音
míː
慣用句
me and mine, Me and you! 全2件
レベル情報
基本単語
[代名詞]
  1. 1 ((直接目的語・間接目的語・前置詞の目的語として)) 私を,私に[へ]
    • They asked me to the party.
    • 私をパーティーに招待してくれた
  2. 2 ((話)) ((be の補語として,また than,as のあとで)) =I
    • It's me that answered the phone.
    • 電話に出たのは私です
語法
伝統文法では,be 動詞のあとの人称代名詞としては主格をとるのが正用法とされている. しかし,400年ほど前,動詞のあとには主格よりも目的格のほうがふさわしいという気持ちが働いて目的格が主格にとって代わった. 今日では,“It's me.That's him.It must be them.”のような構文が話し言葉では普通である. ところが,改まった話し言葉や文章の場合には主格が用いられる:It was I who first noticed the problem.(その問題に初めて気づいたのは私だ)me やその他の目的格は Me neither./Not us./Who,them? のような口語表現や,次のような比較構文の as や than のあとにも主格に代わって用いられる:She's no faster than him at getting the answers.(彼女が彼より早く問題を解けるというわけではない)ただし,代名詞が文中の動詞の主語として用いられる場合には,主格をとる:Neither did I./She's no faster than he is at getting the answers.⇒THAN
  1. 3 ((話・方言・豪・NZ)) ((動名詞構文で)) =my
    • Did you hear about me getting promoted?
    • 私が昇進したことを聞きましたか.
語法
動名詞は,名詞であるから目的格ではなく名詞や代名詞の所有格をつけるのが筋だとされてきた
しかしながら,標準的な語法では動名詞の前に目的格も所有格も両方現れる. 練られた文章の場合は所有格の方が一般的であるが,目的格の使用がますます増えてきている. 特に,くだけた話し言葉や文章では目的格を使う方がより一般的である
  1. 4 ((話)) ((主語として)) =I

    ◆これは非標準語法とみなされることが多い. ただし,“Do you like her?” “Who,me?”「彼女が好きか」「誰が,私が」のような主格的用法は日常語として一般的である

    • Me Tarzen, you Jane.
    • おれターザン,おまえジェーン.
  2. 5 ((再帰的)) =myself.
  3. (1)((古・詩語・話))
    • I laid me down.
    • 私は身を横たえた.
  4. (2)((米俗))
  5. 6 ((話)) ((間投詞的))
  6. (1)((不幸・驚きなどの気持ちを表して))
    • Ah me!
    • ああ
    • Unlucky me!
    • ついていないんだなあ.
  7. (2)((強調して))

meの慣用句

  1. me and mine
    • 私と私の家族や親戚しんせき.
  1. Me and you!
    • ((米俗)) (けんかで)さあ差しで勝負だ.
━━ [名詞] ((話)) 自分
━━ [形容詞] 自分中心[本位]の,わがままな
語源
中期英語 me,古期英語 (与格および対格の単数形)

「me1」の前の言葉

「me1」の後の言葉

  • 索引から検索