出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ四]

  1. かたくこおる。こおりつく。

    1. 「雪いたう積もりて―・りたる呉竹の枝に」〈狭衣・二〉

  1. こおりついたように感情が働かなくなる。気がひどくめいる。

    1. 「身もきるるやうに、心も―・りて」〈宇治拾遺・八〉

  1. 中世芸能の理念で、心を深く思い澄ましてしみじみした感じの極致を得ることをいう。

    1. 「―・りて、静かに美しく出で来たるままに能をすれば」〈花鏡