[動タ五(四)]《上代は「うかつ」》
  1. 穴をあける。掘る。また、突き通す。貫く。「雨垂れが石を―・つ」「トンネルを―・つ」

  1. 押し分けて進む。通り抜けて行く。

    1. 「石は灌木の間を―・って崖の下へ墜 (お) ちた」〈鴎外青年

  1. 人情の機微に巧みに触れる。物事の本質をうまく的確に言い表す。「―・った見方」「彼の指摘は真相を―・っている」

  1. 袴 (はかま) ・履物などを身に着ける。履く。

    1. 「夏といえども其片足に足袋を―・ちたり」〈子規・墨汁一滴〉

  1. 新奇で凝ったことをする。

    1. 「紋も模様も大きに―・ち過ぎて賤しき場もありしが」〈洒・浪花今八卦〉

[補説]3について、文化庁が発表した平成23年度「国語に関する世論調査」では、「うがった見方をする」を、本来の意味とされる「物事の本質を捉えた見方をする」で使う人が26.4パーセント、本来の意味ではない「疑って掛かるような見方をする」で使う人が48.2パーセントという逆転した結果が出ている。
[可能]うがてる

出典:青空文庫