出典:デジタル大辞泉(小学館)

中世以降、天照大神 (あまてらすおおみかみ) あるいは伊勢両宮をまつる神社。神明宮。