出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]途方もないこと。際限のないこと。また、そのような物・人や、そのさま。
  • 「父は足袋も―をはいたほどの骨格で」〈藤村・春〉
「いったん泣きだしたとなれば…―にぐすりぐすり泣いている癖で」〈中勘助銀の匙