出典:デジタル大辞泉(小学館)

茶の湯によって精神を修養し礼法を究める道。鎌倉時代の禅寺での喫茶の儀礼を起源として、室町時代の村田珠光 (むらたじゅこう) に始まり、武野紹鴎 (たけのじょうおう) を経て千利休 (せんのりきゅう) が大成、侘茶 (わびちゃ) として広まった。利休後は表千家裏千家武者小路千家の三千家に分かれ、ほかに多くの分派がある。現在では、ふつう「さどう」という。