出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. くっついているものを離し落とす。ばらばらに散るようにする。散乱させる。「花を―・す無情の嵐」「火花を―・す」「紋様を―・す」

  1. あちらこちらに配る。ふりまく。分配したり、分離させたりする。「花札を―・す」「びらを―・す」「内角、外角へと球 (たま) を―・す」

  1. 気持ちをあちこちへ向けて集中力をなくする。「気を―・さずに仕事をしなさい」

  1. はれ・しこり・痛みなどを、切開しないで押さえたり、なくしたりする。「盲腸炎を―・す」「鬱血 (うっけつ) を―・す」

  1. 散らかす。「ごみを―・す」

  1. 言い広める。言いふらす。

    1. 「ゆめゆめ心より外には人に―・すべからず」〈今昔・三〇・六〉

  1. 紛失する。

    1. 「よべの御文…―・してけると推し量り給ふべし」〈・夕霧〉

  1. 動詞の連用形に付いて、広い範囲に及ぶようにする、また、あらあらしく…する、むやみに…する意を表す。「まき―・す」「蹴 (け) ―・す」「わめき―・す」

[可能]ちらせる

出典:青空文庫

出典:gooニュース