あお‐うきくさ〔あを‐〕【青浮草/青×萍】 の意味

  1. ウキクサ科の多年草。水田・池・沼の水面に群がって浮く。非常に小さく、茎は葉のように平たい。1本の細い根を水中に下ろす。夏、小さな白い花をつける。