出典:デジタル大辞泉(小学館)

メギ科の常緑低木。高さ約1.5メートル。葉は卵形で縁に鋭いぎざぎざをもつ小葉からなる羽状複葉で、枝先に集まってつく。3、4月ごろ、黄色の小花が総状につき、黒紫色の実を結ぶ。中国・台湾の原産。日本へは江戸時代に渡来し、庭木とする。とうなんてん。

[生物/植物名]カテゴリの言葉