出典:デジタル大辞泉(小学館)

狂言。和泉 (いずみ) 流大蔵流では「右近左近 (おこさこ) 」。左近の牛に稲を食われた臆病者の右近は、訴訟しようと女房を地頭に見立ててけいこをするが、それでもおどおどするので女房にどなられ、結局は夫婦げんかとなる。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉