• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

事を内々で処理すること。正式の訴訟を起こさずに、内輪で取りはからうこと。⇔表沙汰

「まず―にしてみさっしゃれい」〈狂言記・内沙汰〉

[補説]狂言の曲名別項。→内沙汰

狂言。和泉 (いずみ) 流大蔵流では「右近左近 (おこさこ) 」。左近の牛に稲を食われた臆病者の右近は、訴訟しようと女房を地頭に見立ててけいこをするが、それでもおどおどするので女房にどなられ、結局は夫婦げんかとなる。