出典:デジタル大辞泉(小学館)

二十四節気の一。太陽の黄経が75度の時。6月6日ごろ。稲・麦など芒 (のぎ) をもつ穀物の種をまく時期とされていた。 夏》「伊賀山や―の雲の不啻 (ただならず) /圭岳」

出典:gooニュース