出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]
  1. 文字で書かれたものを一字一字声に出して言う。「子供に本を―・んでやる」「経を―・む」

  1. 文字や文章、図などを見て、その意味・内容を理解する。「小説を―・む」「グラフから業績を―・む」

  1. 外面を見て、その隠された意味や将来などを推察する。「手の内を―・む」「来春の流行を―・む」

  1. (「訓む」とも書く)字音を訓で表す。漢字を訓読する。「春をはると―・む」

  1. 数をかぞえる。「票を―・む」「さばを―・む」

  1. (ふつう「詠む」と書く)詩歌を作る。「歌を―・む」「秋の風物を―・む」

  1. 囲碁・将棋で、先の手を考える。「一〇手先まで―・む」

  1. 講釈師が演じる。「一席―・む」

[可能]よめる
[動マ下二]よめる」の文語形。

出典:gooニュース

出典:青空文庫