出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏教の教義や菩薩 (ぼさつ) あるいは高僧の徳などを、梵讃漢讃にならって、和語でたたえるもの。七五調の4句またはそれ以上を一節とし、曲調をつけて詠じる歌。平安中期から流行した。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉