出典:デジタル大辞泉(小学館)

鹿児島県、大隅半島中央部を流れる川。高隈 (たかくま) 山地御岳 (おんたけ) (標高1182メートル)の東斜面に源を発し、シラス台地の笠野原を迂回して志布志 (しぶし) 湾に注ぐ。長さ34キロ。上流部を鹿屋 (かのや) 川ともいう。支流の串良 (くしら) 川に高隈ダムが建設され畑地灌漑 (かんがい) が行われている。下流部には沖積平野の肝属平野が広がる。

[地理/日本地名/九州]カテゴリの言葉