魚のえらの下の、胸びれのついている部分。脂肪を含み、美味とされる。

《「かま(窯・竈)」と同語源》

  1. 飯を炊いたり湯を沸かしたりするための器具。金属製または土製で、よりも深く、腰に鍔 (つば) がある。古くは、まろがなえといった。はがま。

  1. 茶道で、湯を沸かす器具。茶釜。湯釜。

  1. 火山の噴火口。→御釜 (おかま) 

  1. 尻。転じて、男色。→御釜

  1. カタツムリの殻。

    1. 「―打ちわらう」〈和泉流狂・蝸牛〉

福岡県中部にある市。平成18年(2006)3月に山田市・稲築 (いなつき) 町・碓井 (うすい) 町・嘉穂町が合併して成立。全域で明治時代以降、炭鉱業が盛んとなり、第二次大戦後に最盛期を迎える。閉山後は酪農などに産業を転換した。人口4.3万(2010)。

《「」と同語源》

  1. (窯)陶磁器ガラスなどを作るときに、素材を高温度で焼いたり溶かしたりするための装置。ふつう耐火煉瓦 (れんが) で造る。

  1. (竈)かまど

  1. 《自分の領分の意から》仲間。味方。

    1. 「かう云ふ女郎は、…こっちの―にすると、又よき事あり」〈洒・四十八手〉

  1. 草などを刈るのに使う道具。鉄製で、三日月形の内側に刃があり、木の柄を直角につけたもの。

  1. 昔の武器の鎌槍 (かまやり) 鎖鎌 (くさりがま) のこと。

  1. 鎌継 (かまつぎ) 」の略。

  1. 紋所の名。鎌をかたどったり、または鎌を取り合わせたもの。

  1. 根性が曲がっていて、口うるさいこと。また、その人。

    1. 「さあ、母の―がわせた(=イラッシャッタ)。何言はるる」〈浄・油地獄

《形容詞「かまし」の語幹か》やかましいこと。うるさいこと。感動詞「あな」とともに用いられる。

「あな―。幼き人な腹立てそ」〈・浮舟〉

《「釜 (かま) 」から》「ボイラー」に同じ。「風呂 (ふろ) の―」

出典:gooニュース

出典:青空文庫