出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《動詞「お(置)く」の已然形+完了の助動詞「り」の連体形。「…における」の形で》
  1. 作用・動作の行われる場所・時間を表す。…の中の。…での。…にあっての。「日本に於ける生活」「過去に於ける経験」

  1. 両者の関係を表す。…についての。…に関しての。…に対する。「古代史に於ける造詣の深さ」

    1. 「西行の和歌に―、宗祇の連歌に―、雪舟の絵に―、利休が茶に―、其 (その) 貫道する物は一なり」〈笈の小文