出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]きび・し[シク]
  1. 厳格で少しのゆるみも許さないさま。厳重である。「―・いしつけを受ける」「―・く取り締まる」「練習が―・い」

  1. いいかげんな対処が許されないさま。困難が多くて、大変なさま。「生活が―・い」「前途は―・い」

  1. 自然現象などの程度が著しいさま。

    1. ㋐傾斜が急である。けわしい。「―・い山容」

    2. ㋑気象条件がなみはずれている。激しい。ひどい。「寒さが―・くなる」「残暑―・い折から」

  1. 物事の状態が緊張・緊迫しているさま。「―・い国際情勢」「表情を―・くして会見する」

  1. すきまがなく密である。

    1. 「松―・しく生ひつづき」〈東関紀行

  1. なみはずれているとしてあきれ、また、感心するさま。たいしたことだ。結構だ。→厳し

    1. 「鯛の浜焼に、蛸 (たこ) の桜煮、これは―・いお持たせぢゃな」〈伎・五大力

[補説]平安初期にはク活用。
[派生]きびしげ[形動]きびしさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース