出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 古代、大嘗祭 (だいじょうさい) のときに、悠紀 (ゆき) 主基 (すき) の行事を取り行うために臨時に設けた場所。

  1. 蔵人所 (くろうどどころ) に属し、諸国からの貢ぎ物の検査や公事・神楽 (かぐら) などの事務処理をする所。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉