出典:デジタル大辞泉(小学館)

鞍馬山の古称。くらぶの山。[歌枕]

「梅の花にほふ春べは―闇に越ゆれど著 (しる) くぞありける」〈古今・春上〉