出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 春をつかさどる神。佐保山は奈良の都の東方にあり、方角を四季に配すれば春にあたるところからいう。春の女神。佐保神。さおひめ。 春》「―の眠や谷の水の音/東洋城」→竜田姫 (たつたひめ) 

  1. ジオウの別名。