• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

と/に/や/とか/だの/やら/か/なり

関連語
  1. [共通する意味]
      ★並立・列挙を表わす。
  1. [使い方]
    • 〔と〕
      ▽文庫本雑誌を買った
      ▽君彼女三人で山へ登ってみよう
    • 〔に〕
      ▽私が嫌いなのは、ピーマンセロリニンジンです
      ▽朝は、ご飯味噌(みそ)汁と決めている
    • 〔や〕
      ▽サッカーラグビーのようなスポーツが好きだ
      ▽新聞テレビなどで事件のことを知った
      ▽肉魚ばかりでなく野菜も食べなさい
    • 〔とか〕
      ▽京都とか金沢とかに住んでみたい
      ▽天ぷらとか(すし)などは好きですか
      ▽休日は、映画を見るとか買い物に行くとかして過ごしています
    • 〔だの〕
      ▽絵本だのおもちゃだの何でも買ってもらった
      ▽疲れただの休みたいだのとうるさい
    • 〔やら〕
      ▽服やらやらが散らかった部屋
      ▽こんなに多くの人に祝ってもらい、うれしいやら恥ずかしいやら
    • 〔か〕
      ▽あなた私が行くべきだ
      ▽買うの買わないのはっきりしなさい
    • 〔なり〕
      ▽あなたなりなりが行くべきだ
      ▽殴るなり(け)なり好きにしろ
  1. [使い分け]
    • 【1】いずれも、ある事柄に該当する例を複数列挙する場合に用いる助詞である。
    • 【2】「と」と「に」は、該当する例をすべて挙げる場合に用いる。ただし、「に」が例をつけ足していくだけであるのに対して、「と」の場合はその結びつきが強く、列挙した例全体で一まとまりの名詞相当となる。たとえば、「君の仲(=二人の仲)」のような用法は「に」にはない。それに対して、「に」には「梅うぐいす」「月(かり)」などのように、対比的・対照的に並列する用法がある。なお、「と」は「XとYと」の形が本来であるが、現在では後の「と」を省いて、「XとY」の形で用いられることが多い。「に」は「XにY」の形で用いられる。
    • 【3】「や」「とか」「だの」「やら」は、代表的な例を複数挙げるが、該当する例がほかにも存在することを言外に表わす。ただし、「や」と「とか」がはっきりと例を挙げるのに対して、「だの」と「やら」は漠然と例を挙げる場合に用いる。また、「や」と「とか」では、「体言+体言」の用法においてはほとんど意味の違いはないが、「とか」が「用言+用言」という並立があるのに対して、「や」には普通この並立はない。「だの」と「やら」では、「やら」の方が例の示し方がよりおおまかであり、仮に例を挙げている感が強い。
    • 【4】「や」には、「XやY」「XやYなど」の形がある。「とか」は、「XとかYとか」の形のほかに「XとかY」「XとかYなど」の形もある。「だの」と「やら」は、それぞれ「XだのYだの」「XやらYやら」の形で用いるのが普通である。
    • 【5】「か」と「なり」は、複数の例を挙げて、その中から一つを選択する場合に用いる。ただし、「なり」を用いる場合には、列挙した例以外にも選択の余地がある。
  1. [関連語]
    • (の) 「なんかんと…」などの慣用的表現を除き、多くは「…用言+の+用言+の…」の形をとり、ある事柄を列挙する。また、後の用言を前の用言の否定形にして、その用言の意味を強調する用法もある。「腹がへった疲れたと、わがままを言う」「痛い痛くないって、目から火が出そうだった」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    好物は刺身…うなぎです太郎…花子の二人五大老は徳川…前田などだ赤…白…色とりどりの風船行く…戻る…好きにしろ
    とか
    だの
    やら
    なり
  1. [分類コード]