• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

が/で/に/から/の

  1. [共通する意味]
      ★動作・状態の主体を表わす。
  1. [使い方]
    • 〔が〕
      ▽桃の花咲いた
      ▽高速道路また渋滞している
    • 〔で〕
      ▽(1)このことは、家族四人決めた
      ▽(2)当社開発した新製品
      ▽(3)それくらい自分やりなさい
    • 〔に〕
      ▽(1)写真くらい私も写せます
      ▽(2)彼は子供が二人います
      ▽(3)親友の裏切りが私は悲しい
    • 〔から〕
      ▽そのことは、私から彼に話しておきます
    • 〔の〕
      ▽雪降る夜は静かだ
      ▽話分かる人
  1. [使い分け]
    • 【1】動作・状態の主体は、一般に「が」で表わすが、文によっては「で」「に」「から」「の」で表わす場合がある。
    • 【2】動作の主体が複数もしくは組織・団体である場合には、「で」で表わすことができる(「で」の例文(1)(2))。この「で」は、場所の「で」と通じるところがある。たとえば、「当社の方」とか「こちら」というときは、主体というより場所に近い。また、動作の主体が単数である場合でも自分、君自身などというときには、「で」を用いることができる(「で」の例文(3))。
    • 【3】状態の主体を「に」で表わす場合がある。この場合、「には」「にも」のように、あとに副助詞を伴うことが多い。「に」で主体を表わすのは、主に「分かる」「読める」「見える」「話せる」などの可能を表わす動詞である(「に」の例文(1))。その他、所有を表わす動詞「いる」「ある」(「に」の例文(2))や、要求を表わす動詞・形容詞・形容動詞「要る」「欲しい」「必要だ」、感情を表わす形容詞「うれしい」「悲しい」「なつかしい」(「に」の例文(3))なども、主体を「に(は)」で表わす。
    • 【4】動作の主体が経由点としての性格を有している場合には、主体を「から」で表わすことができる。「私から彼に話しておく」など。また、「から」には「君からまず行きなさい」のように順序を表わす副助詞的な用法もある。
    • 【5】連体修飾節の動作・状態の主体は、「の」で表わすことができる。「色白い人」「車走る道」など。
  1. [参照]
  1. [対比表]
    この行事は生徒会…計画したそんな話では子供…分からない私…彼に伝える桜…咲く季節
    から
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

からの類語

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi