あこがれること。理想とする物事に強く心が引かれること。憧憬 (どうけい・しょうけい) 。「―をいだく」「未知への―」「―のまと」

[補説]書名別項。→あこがれ

石川啄木の第1詩集。明治38年(1905)、小田島書房より刊行。上田敏が序詩を寄せ、与謝野鉄幹跋文 (ばつぶん) を書いた。

出典:青空文庫

出典:gooニュース