• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石川啄木の第1詩集。明治38年(1905)、小田島書房より刊行。上田敏が序詩を寄せ、与謝野鉄幹跋文 (ばつぶん) を書いた。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

出典:gooニュース