[動ラ下一][文]か・る[ラ下二]
  1. 草木が、水分などがなくなり、生命を保つことができなくなる。花や葉が変色したり、落ちたりする。「作物が―・れる」「葉が―・れる」

  1. 張りやみずみずしさがなくなる。本来の勢いがなくなる。「やせても―・れても」

  1. 人物や技術が練れて、深みが増す。円熟して、落ち着いた深い味わいが出てくる。「芸が―・れる」「―・れた人柄」

  1. 技術や製品などが、その登場から十分な時間が経ち、すでに問題点が出尽くし、解決も済んでいる。最先端のものではないが、不測の事態が発生しにくく、安定して動作することを意味する。「―・れた技術」

  1. 動物が死んで干からびる。

    1. 「葉のさま、花も、虫などの―・れたるに似て」〈・四〇〉

  1. 膿 (うみ) が出て、おできの表面が乾く。

    1. 「督 (かん) の殿の御瘡―・れさせ給ひつれど」〈栄花・峰の月〉

  1. 滅んでしまう。

    1. 「其人の徳にてらされて―・れぬ名をとどめしもあるに」〈鶉衣・蓼花巷記〉

[動ラ下一][文]か・る[ラ下二]《「枯れる」と同語源》
  1. 池・川・井戸などの、水がほとんどなくなる。水けがなくなり、乾いた状態になる。干上がる。「泉が―・れる」「涙が―・れる」

  1. 湿り気がなくなり、乾燥する。「よく―・れた木材」

  1. 感じたり考えたりする力が減って、出なくなる。また、必要なものが不足がちになる。枯渇する。「詩嚢 (しのう) が―・れる」「愛情が―・れる」「資金が―・れる」

[動ラ下一][文]か・る[ラ下二]《「枯れる」と同語源》声がかすれる。しわがれる。また、声が出なくなる。「歌い過ぎでのどが―・れる」

出典:青空文庫