1. 磁器の染め付けに用いる鉱物質の顔料。酸化コバルトを主成分として鉄・マンガンニッケルなどを含み、還元炎により藍青色ないし紫青色に発色する。天然に産した中国の地方名から生まれた日本名で、現在では合成呉須が広く用いられる。

  1. 呉須手 (ごすで) 」の略。

[動サ特活]《「ごっす」の音変化》「ある」の意の丁寧語。あります。多く補助動詞として用いる。
[動サ変]後になる。
  • 「おなじ疵 (きず) つけながらも―・して身のあたとなり」〈浮・男色十寸鏡〉

出典:青空文庫