[代]指示代名詞。
  1. どこそこ。その場所明示しないでいう。

    1. 「御車は門の下に、御供の人は—に」〈徒然・一〇四〉

  1. そこにもここにも。すみからすみまで。なにもかも。

    1. 「—気のつく職人の」〈浄・氷の朔日

[副]
  1. (多く「…もそこそこに」の形で)ある事を十分しおえないで先を急ぐさま。「食事も—に出かける」

  1. 十分ではないが一応のレベルにあるさま。「—の評判を得る」

[接尾]数量を表す語に付いて、それに達するか、達しないかの程度である意を表す。「四〇—の男」
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。