• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

インド洋、フランスの海外県レユニオン島南東部の楯状火山。通称ル‐ボルカノ。標高2631メートル。17世紀頃から噴火が記録され、1998年の大噴火以降、年3~4回の噴火を繰り返している、世界で最も活発な火山の一。山頂に二つの火口があるほか、山腹からも頻繁に噴火が生じ、周囲に新旧数多くの溶岩流が見られる。2010年に「レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群」の名称で世界遺産(自然遺産)として登録された。フルネーズ山。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/西ヨーロッパ]カテゴリの言葉