• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

The Pitons》西インド諸島東部、小アンティル諸島中部の国セントルシアにある二つの山。セントルシア島南西岸にあるグロピトン山(標高798メートル)、プチピトン山(標高743メートル)という、いずれも火山岩頸と考えられる鋭い円錐形の山で、双子の山ともよばれる。古くからカリブ海域を航行する船乗りたちの目印として知られた。2004年、周辺海域も含め「ピトン管理地域」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。