• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「モワレ」とも》

  1. 木目や波紋模様を表した張りのある織物。また、その加工タフタアセテートなどに施し、リボン・服地などに使われる。

  1. 幾何学的に規則正しく分布する点または線を重ね合わせると、その間隔疎密によってできる斑紋網版の多色印刷、走査線が周期的に並ぶテレビ画面画素が規則正しく配列されたデジタルカメラの撮影画像などに生じやすい。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。