• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Ramanathaswamy Temple》インド南部、タミルナドゥ州の都市ラーメスワラムにあるヒンズー教寺院。12世紀の建立。17世紀にマドゥライのティルマーラ=ナヤク王の時代に現在の姿になった。全長1.2キロメートルの三重の回廊に囲まれ、高さ53メートルのゴープラム(塔門)がそびえる。古代インドの叙事詩「ラーマーヤナ」でラーマ王子が供えたというリンガを祭る。ラーマナータスワーミ寺院。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉