• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏教の戒律を守り、一生を通して異性と交わらないこと。

「―の座主、かの箱をあけて見給ふに」〈平家・二〉