• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 伊勢国、朝熊 (あさま) 山で製し、解毒・気付けなどの効果があるとされた薬の名。

  1. 1に形が似ているところから》一分金の異称。

    1. 「月掛かりの男、―一角づつに定めて」〈浮・一代女・六〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉