• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

法華経譬喩品 (ひゆほん) に説くたとえ。ある長者の家が火事になったとき、家の中の子供たちに羊 (よう) 車・鹿 (ろく) 車・牛 (ご) 車を与えるからと言って屋外に避難させた。長者を仏に、火事の家をこの世に、子供を世の人に、羊車・鹿車・牛車をそれぞれ声聞乗 (しょうもんじょう) 縁覚乗 (えんがくじょう) 菩薩乗 (ぼさつじょう) にたとえたもの。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉