• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 二つの部屋。ふたへや。「二間しかないアパート」

  1. 《南北の柱間が二間であるところから》清涼殿夜の御殿 (おとど) の東隣りにある部屋の名。天皇守護の祈祷 (きとう) をする僧が伺候して修法などが行われた。

  1. 殿舎などで、柱と柱との間が二つあること。また、その部屋。

    1. 「―の際 (きは) なる障子」〈・末摘花〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉