• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安中期から鎌倉時代にかけて流行した、多く七・五調4句からなる新様式の歌謡。和讃 (わさん) 雅楽などの影響を受けて起こる。従来の神楽歌催馬楽 (さいばら) 風俗歌などに対していう。