• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鶏のひき肉に卵や片栗粉などをつなぎとして加え、味噌や醤油で調味し、平たく伸ばしオーブンで焼いたもの。四角形や羽子板形に切り分けて供する。ケシの実を表面に散らしたものは、松風焼きともいう。おせち料理によく用いられ、「熨斗鶏」とも当てて書く。