• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(ラテン)Rerum vulgarium fragmenta》ルネサンス期のイタリアの詩人、ペトラルカの叙情詩集「カンツォニエーレ」(1374年)の正題。タイトルはラテン語だが、収録された作品はイタリア俗語で書かれている。