上代は「しのふ」で、ハ行四段活用。平安時代になって、「忍ぶ」(本来は上二段活用)と混同して「しのぶ」となり、上二段にも活用

[動バ五(四)]
  1. 過ぎ去った物事や遠く離れている人・所などを懐かしい気持ちで思い出す。懐しむ。「故郷を—・ぶ」「先師を—・ぶ」

  1. 心引かれて、思いをめぐらす。慕わしく思う。「人となりが—・ばれる」「人柄を—・ばせる住まい」

  1. 物の美しさに感心し味わう。賞美する。

    1. 秋山の木の葉を見ては黄葉 (もみち) をば取りてそ—・ふ」〈・一六〉

[動バ上二]1に同じ。
    1. 「なき人を—・ぶる宵のむら雨に」〈・幻〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。