• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ある場所に親しく出入りすること。

    1. 「大将の君はいと、さしも―などし給はぬほどにて」〈・蜻蛉〉

  1. 宮中の台盤所 (だいばんどころ) に出入りを許されること。また、その人。簾中 (れんちゅう) 入り立ち。

    1. 「近う候ふ人は東の台盤所とて向かひたる方を通る。―の人々などはそれにゐる」〈たまきはる