1. 皮膚に、針・骨片・小刀などで傷をつけ、墨汁などを入れて文字や絵画などを描くこと。また、そのもの。酸化鉄・朱 (しゅ) などを入れて着色もする。江戸時代から遊び人などの間に多く行われた。彫り物。刺青 (しせい) 。

  1. 中国古代の五刑の一。顔または腕に墨汁を刺し入れて、前科のしるしとしたもの。日本でも江戸時代に刑罰として行われた。黥 (げい) 。

  1. あとから筆を加えること。加筆。入れ筆。

    1. 「硯 (すずり) 引き寄せ、筆染めて、ここが眼と―の」〈浄・双生隅田川〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース