• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《1反が普通の絽 (ろ) の8反の重さに相当するところからいう》練り糸を用いて、縦・横に褐色と黄色の縞模様を表した厚地の絹織物。丹前や布団地などに用いる。綾糸織り。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉