• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

岡本綺堂による小説。また、そのシリーズ名。明治時代の東京に住む老人半七が、自身が岡っ引きとして関わった幕末期の事件について新聞記者に語るという体裁の、時代物連作娯楽小説。全68編。第1作「お文の魂」は、大正6年(1917)に雑誌「文芸倶楽部」に発表。以後、同誌や「講談倶楽部」「新青年」などの雑誌で約20年にわたり断続的に作品を発表。時代小説推理小説を組み合わせた捕り物帳というジャンルを確立した記念碑的シリーズとして知られる。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉