• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

歌舞伎狂言時代物。一幕二場。河竹黙阿弥作。明治14年(1881)東京猿若座初演。武田氏の旧臣馬場三郎兵衛が井伊掃部頭 (かもんのかみ) の酒の相手をして大杯を飲み干したことから、千五百石に取り立てられる。大杯 (おおさかずき) 。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉