1. 明治維新政府の最高官庁。慶応4年(1868)閏4月の政体書により議政官以下七官を置き太政官と総称、翌年の官制改革で民部以下六省を管轄。明治18年(1885)内閣制度の発足に伴い廃止。

  1. だいじょうかん(太政官)1

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉