• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 年老いて経験を積んだ老巧な人。耆宿 (きしゅく) 。「財界の宿老」

  1. 武家の重臣。鎌倉・室町幕府の評定衆 (ひょうじょうしゅう) 引付衆 (ひきつけしゅう) や、江戸幕府の老中、諸大名の家老など。

  1. 江戸時代、町内の取り締まりに当たった町内の年寄役。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉