• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

屋梁落月の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

友人を心から思う情。▽「屋梁」は屋根のはりの意。「落月屋梁らくげつおくりょう」ともいう。
出典
杜甫とほ「李白りはくを夢ゆめむ」(詩)。「落月屋梁に満ち、猶お顔色を照らすかと疑う」
句例
屋梁落月の情
類語
空梁月落くうりょうげつらく
故事
中国唐の杜甫とほが友人の李白の南方に流されたのを思いやり、「夜空に沈みかかった月の光がこの部屋の梁はりのあたりをいっぱいに照らし、その光がまだあなたの顔を照らし出しているように思えてならない」と詠じた故事から。
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。