• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

屍山血河の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

激しい戦闘のたとえ。また、そのあとの惨状のこと。屍しかばねの山と血の河の意から。▽「血河」は「けっか」とも読む。また、「屍」は「尸」とも書く。
句例
屍山血河の激戦地
用例
屍山血河の力攻をしても陥ちなかった稲葉山城が、猿の敵地におけるごく日常的な調略活動のつみかさねの結果、ころりと陥ちたのである。<司馬遼太郎・新史太閤記>

屍山血河の解説 - 小学館 大辞泉

死体が山のように積み重なり、多くの血が川のように流れること。激しい戦闘のあったあとのようすをいう語。