1. 手が長いこと。また、そのもの。

  1. 盗癖のあること。また、その人。

  1. 手長島に住み、手が非常に長いという想像上の人間。

  1. 宮中や貴人の家で、酒宴などの際に膳部を次の間まで運び、取り次ぎをする役。また、その人。おてなが。

    1. 「今日の斎莚 (さいえん) は―の役あるべからず」〈宇治拾遺・一三〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉